×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

飯田型ツーリズム

2003年に設置された「エコツーリズム推進会議」(当時の環境大臣小池百合子氏が議長)による定義では、「エコツーリズム」というのは、体験を通して自然や歴史、文化を学習、観光することを総称した呼び方とされます。そしてこのエコツーリズムには、観光によって地域振興を図ろうという目的もあります。さらに、「エコ」、すなわち「エコツーリズム」を実践する「ツアー(旅行)」を、「エコツアー」といいます。
環境省は、エコツーリズムの優良な事例を示すために全国から13のモデル地区を選定し、2004年度から2006年度にかけ、支援してきました。
このとき、三重県熊野市とならんで中部地方でモデル地域に選定されたのが、長野県飯田市です。
長野県飯田市では、「飯田型ツーリズム」と題し、里地里山と農業を活用した活動をおこなっています。
飯田市が位置する南信州では、もともと子どもたちの体験教育旅行や農業体験、つまりワーキングホリデー、が盛んにおこなわれていました。これらのプログラムを斡旋し、精算業務を担当していたのが、株式会社 南信州観光公社です。そして「住んで良い地域が、訪れて良い地域」という基本理念のもとで「飯田型ツーリズム」を展開しています。
飯田型ツーリズムとは、その土地に住む人が地域の自然や文化のすばらしさを見直すと共に、そこに訪れる人との交流を通して住民もますます活気づくことで、自然や文化が守り続けられていく、という「持続性」を特徴とする考えです。
地域の活性化もその目的のひとつとしているエコツアーの理想を実現していることが、モデル地区に選ばれたゆえんでしょう。

スポンサードリンク

飯田市のエコツアー活動例

長野県飯田市は、環境省が全国で13の地区を選定した、エコツーリズム推進モデル地区のひとつです。ここでおこなわれている、「飯田型ツーリズム」は、「住んで良い地域が、訪れて良い地域」を基本理念とし、地域の住民がその地域の文化や歴史の価値を再認識し、保持していくとともに、そこを訪れる人にとって、そこに暮らしている人自体が魅力のひとつとなるような活動を目指すものです。
たとえば、現在では廃線となったかつての「森林鉄道」を散策するウォーキングや、廃校となった中学校の校舎を拠点にした農業体験など、さまざまなエコツアーが企画、運営されています。
●森林鉄道跡のウォーキングと宿泊体験
かつて林業が盛んだった時代に活躍した、旧遠山森林鉄道の廃線軌道を散策ルートとして復活し、観光資源として活かしています。古い民家「遠山郷なかだち」で宿泊体験が可能で、この地域の昔の暮らしぶりを知ることができます。
問い合わせは、「愉快な仲間たち」事務局へ。電話 0265−49−5133
●農業体験と山野草の試食
国の有形文化財に指定されている、旧山本中学校の木造校舎を拠点に、農業体験や山野草の観察、山菜の試食を実施しています。農業体験では芋や大根の栽培をおこないます。エコツアーに関心のある方は、ぜひ、参加されてみてはどうでしょう。
問い合わせは、飯田市役所 山本自治振興センター 
電話 0265−25−2001
秋には、旧街道を2.5キロメートルにわたって散策する「清内路街道ハイキング」も企画されています。

飯田市で農業ボランティア

エコツアーにもいろいろありますが、農業体験を希望する人と、農繁期で人手を必要とする農家の仲立ちをするエコツアーもあります。たとえば、長野県飯田市内の農家で行われる、「ワーキングホリデー飯田」もそのひとつです。主催は「ワーキングホリデー飯田事務局」です。
飯田市は、温暖でかつ冷涼な気候を生かし、野菜や果物の栽培が盛んな地域です。春は梨の花粉付けやリンゴの摘花作業、秋は干し柿つくり、リンゴの収穫など、農家にとってはてんてこまいの日々が続きます。一方、これらの作業は、普段農業とは縁のない生活をしている人にとってはぜひ、体験してみたい作業ではないでしょうか?
決して、お遊びで参加することは禁物ですが、農繁期の農家の役に立ちながら、同時に貴重な体験をすることができる、すばらしいエコツアーです。受け入れ農家によって、体験できる作業は異なります。牛舎の掃除など、酪農体験が可能な場合もあります。
時期は、一年間を通して行われますが、作業の内容は時期によっても、また受け入れ農家によっても異なりますので、事前によく確認し、受け入れ側と参加する側双方の希望がよく合うようにするべきです。
問い合わせは、ワーキングホリデー飯田事務局へ、ファックスかHPからのメールで行ってください。
ファックス 0265−52−6181。
参加する場合、参加費用は必要ありません。汚れてもよい格好で、着替え等を持参する必要があります。また保険証も必要です。
作業だけでなく、農家の人たちとの交流も貴重な体験となるのではないでしょうか?









Copyright © 2008 長野県飯田市のエコツーリズム